心地良い熟睡を誘致してくれるルイボスティー

心地良い熟睡を誘致してくれるルイボスティー。そのワケは「癒やし効果・ストレス緩和効果・体温上昇効果」の3つがあるのからです。

ルイボスティー内においているフラボノイドには、ストレスを抑制する効果が望め、異国ではストレスを対象にしたお薬にも含有されているくらい。

そのうえで、バラエティーに富んだ栄養(亜鉛、マグネシウム、セレン、ビタミンB1・B2など)が、身体の中のエナジー行いを行動的にされると考えられます。それを受けて人体が温まると気持ちが落ち着き、気持ちの良い長年憧れていた世界へ案内していただけます。

お茶という意味でカフェインを意識するかもしれませんけど、なんとルイボスティーはノンカフェイン!眠る前にあったかいルイボスティーを飲用することこそがいちおしです。
貧血は「鉄分が足りないと、酸素を運搬するヘモグロビンが少なくすることが理由で酸欠がもたらされる」という考え方がシステムで起きます。

人は毎日約40mgの鉄分を消失すると理解されていて、飲料水や食事だけでしか確保し戻せません。鉄分だけを摂取しようという場合でも、並行して口にする食事が問題となり、そう簡単には上手に吸収できないのがというのが現実です。

ですが、ルイボスティーは違います。吸収の妨げになるカフェインやタンニンがほとんど含まれていないため、効率的に鉄分を補うことができます。ルイボスティーには100gあたり約10gの鉄分が含まれていますので、1日に2~3杯飲めば鉄分を取り戻せるようです。

食事やおやつのお供として、一緒に飲んでみてはいかがですか?
女性が毎月悩まされる生理痛。実は、生理痛がひどい人はプロスタグランジンという物質が多く出ているのです。この物質は、子宮の収縮を促して子宮内膜や経血がスムーズに体外へ出るように働きかける性質があります。

ですが、冷えたりホルモンバランスが崩れていると、経血を体外へ出そうと過剰に分泌されてしまいます。プロスタグランジンには痛みを強める作用もあるので、下腹部の傷みだけでなく頭痛や腹痛などの原因にもなります。

さらに、プロスタグランジンが分泌されるときは、一緒に活性酸素も発生するので余計に痛みが増してしまいます。そこでおすすめなのがルイボスティー。ルイボスティーには、抗酸化物質であるSODという酵素が含まれており、この物質が辛い痛みを引き起こす活性酸素を除去して細胞の新陳代謝を促してくれます。

新陳代謝が進むことで血行が良くなって体温が上がり、辛い生理痛の原因のひとつである冷えの改善につながります。ルイボスティーを上手に活用して辛い生理痛を解消ましょう。

ベルタ・ルイボスティー 口コミ